金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

知っておくべき改正薬事法対応セミナー~弁護士から学ぶ。改正薬事法で発生するリスクとその対応策~
セミナーID:12046
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2009-07-29(水) 13:30~16:30  締め切り
◆ 概要
薬事法改正の全体像
想定される事例と法的リスク
薬局、店舗に課される義務とは?
損害賠償責任を負わない為には?

 平成21年6月に施行された改正薬事法ですが、施行後間もない事もあり、判例も出ておらず、具体的なリスクとその対応策が良く分からないという声を良く聞きます。
 このような状況だからこそ、知識だけではなく、弁護士の経験と法律知識から想定されるリスクと、その対応策を学ぶ必要が有りますので、今回のセミナーを開催いたします。
◆ 講師
近内京太 弁護士
京都大学法学部卒業。日本を代表する多数のクライアントを持つ丸の内総合法律事務所において、主に国内企業法務に関する多様な案件を担当。
波多江崇 弁護士
京都大学法学部卒業。日本でトップクラスの規模を誇る法律事務所において、コンプライアンス、リスクマネジメント案件を担当。
◆ 会場
フォーラムエイト1205室 渋谷区道玄坂2-10-7 フォーラムエイト1205室
http://www.forum-8.co.jp/access/index.html
◆ タイムスケジュール
13時10分~ 開場
13時30分~14時55分 研修(前半)
14時55分~15時05分 休憩
15時05分~16時30分 研修(後半)
◆ 詳細
薬事法改正の全体像
想定される事例と法的リスク
薬局、店舗に課される義務とは?
損害賠償責任を負わない為には?

 平成21年6月に施行された改正薬事法ですが、施行後間もない事もあり、判例も出ておらず、具体的なリスクとその対応策が良く分からないという声を良く聞きます。
 このような状況だからこそ、知識だけではなく、弁護士の経験と法律知識から想定されるリスクと、その対応策を学ぶ必要が有りますので、今回のセミナーを開催いたします。

(1)平成21年6月施行薬事法改正の全体像
 ①改正の趣旨・経緯
 ②一般用医薬品の区分と区分に応じた規制の内容(情報提供義務等)
 ③登録販売者制度の創設
 ④許可区分の変更とその内容
 ⑤薬局における遵守事項
 ⑥店舗販売業における遵守事項
 ⑦配置販売業、卸売販売業等における遵守事項
 ⑧エンフォースメント(行政処分・罰則)
 ⑨その他(経過措置等)

(2)情報提供義務と損害賠償責任
 ①想定される事例と法的リスク
 ②薬局開設者・店舗販売業者等の情報提供義務の内容
 ③情報提供義務の理論的根拠
 ④情報提供義務違反に基づく損害賠償責任のリスク ~他の分野における説明義務に関する裁判例を参照して
 ⑤損害賠償責任を負わないためには?
◆ 定員
20
◆ 対象・参加条件
ドラッグストア、薬局、製薬メーカー等、改正薬事法に関連する仕事をされている方
◆ お申込期限
2009年7月28日(火)
◆ 注意事項
領収書をご希望の方は、その旨を記載ください。後日、郵送いたします。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社More-Selections
事業概要 1.コンサルティング事業
2.教育事業
3.人材紹介業
住所 〒150-0031 東京都東京都渋谷区桜丘町27-5-307
電話番号 03-6423-7942
◆ 受講料
受講費(税込) 15000
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2009年7月28日(火)
お支払い方法について 1.銀行振込:お申込完了後にお送りいたしますメールにある口座にお振込ください。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 法務・リスク管理
関連キーワード 改正薬事法  コンプライアンス  登録販売者制度  薬局  損害賠償責任  リスク

締め切り
▲ページトップへ