金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

金融セミナー詳細情報

債権回収の基礎知識<東京> ~これだけは押さえておきたい「基本のき」と最新の実務~
セミナーID:10237
締め切り
◆ ステータス
締め切り
◆ 開催日時
2009-04-17(金) 10:00~17:00 締め切り
◆ 概要
債権回収の基本的な流れや取引時の注意点など、債権回収の基礎について詳しくご説明致します。
◆ 講師
権田修一 弁護士
(鳥飼総合法律事務所)
◆ 会場
株式会社商事法務 3階会議室 東京都中央区日本橋茅場町 3-9-10
◆ タイムスケジュール
◆ 詳細
(1) 債権回収の基本的な流れ

(2) 取引開始時の注意点
 ・商業登記簿謄本の入手方法と読み方
 ・不動産登記簿謄本の入手方法と読み方
 ・取引基本契約書の作成方法

(3) 取引開始時の債権保全
 ・商品の売買取引を開始するとき(所有権留保)
 ・保証金、保証人

(4) 債権の管理
 ・債権管理の方法
 ・消滅時効
 ・手形ジャンプの依頼に対する対応方法

(5) 担保の取り方
 ・担保の狙いのつけ方
 ・不動産を担保に取る方法(抵当権、根抵当権)
 ・動産を担保に取る方法(動産譲渡担保、集合物譲渡担保)
 ・債権を担保に取る方法(集合債権譲渡担保、債権質)
 ・他人から債権を回収する方法(保証、連帯保証、根保証)

(6) 取引先の協力が得られるときの債権回収
 ・取引先の支払が遅れ始めたときの対応(内容証明郵便)
 ・取引先にきちんと支払うように仕向ける方法(公正証書)
 ・取引先に対して買掛金があるときの対応(相殺)
 ・取引先が持っている売掛金から支払を受ける方法(債権譲渡、代理受領、振込指定)
 ・取引先の倉庫にある商品から債権を回収する方法

(7) 担保権の実行による債権回収
 ・抵当権、根抵当権の実行による債権回収方法
 ・動産譲渡担保権の実行による債権回収方法
 ・債権譲渡担保権の実行による債権回収方法
 ・動産売買先取特権の実行による債権回収方法

(8) 裁判所を利用した債権回収
 ・取引先に勝手に財産を処分させない方法(仮差押、仮処分)
 ・裁判をせずに強制執行手続を利用する方法(支払督促)
 ・60万円以下の売掛金しかない場合(少額訴訟)
 ・手形が不渡りになった場合(手形訴訟)
 ・取引先が全面的に争う姿勢を見せているとき(通常の民事訴訟)
 ・強制執行の手続

(9) 取引先の倒産時の債権回収
 ・倒産の種類
 ・取引先の倒産情報が入ったときの対応
 ・破産手続における債権回収
 ・民事再生手続における債権回収
 ・会社更生手続における債権回収
◆ 定員
40
◆ 対象・参加条件
なし
◆ お申込期限
2009年4月16日(木)
◆ 注意事項
■債権管理実務研究会会員は1名あたり5,250円引き。同会員以外で同一の受講申込書にて1社2人以上申込の場合、2人目から2,100円引きといたします。
■レジュメのみの販売, 講義テープの貸出しはいたしません。
■会場での録音・撮影、パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。
◆ 主催者情報
主催者 株式会社 商事法務
事業概要
住所 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10
電話番号 03-5614-5650
◆ 受講料
受講費(税込) 31,500
受講費支払い方法 銀行振込(企業様ページに登録済み)
お申込期限 2009年4月16日(木)
お支払い方法について 受付完了後、折り返し請求書・受講票、振込用紙をご郵送します。 請求書をご確認の上、受講費をお支払いください。
◆ 関連セミナー
カテゴリー 法務・リスク管理
関連キーワード 法務  債権  債権回収  権田 修一   

締め切り
▲ページトップへ