金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 法務・リスク管理

法務・リスク管理に関するセミナー

開催日
2019-04-17(水) 13:30~16:30
主催者
株式会社セミナーインフォ
セミナータイトル
金融機関の事務リスク管理
講師名
田宮 秀樹 氏(有限責任監査法人トーマツ シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
金融機関における事務リスク管理は、顕在化事象の報告と原因分析を中心に、多くの金融機関で一定の態勢が構築されています。一方、事務リスク管理部門からは現場からの報告の蓄積に留まり、報告を十分に活用できていないことや、全体的な発生傾向の分析、原因分析の深度に不安を持つ声も聞かれます。また、再発防止に向けた改善策の効果やフィードバックの必要性も新たな課題として認識されています。
本セミナーでは、管理フェーズごとの疑問点を金融機関の事例を基に解説いたします。
▲ページトップへ
開催日
2019-04-19(金) 9:30~12:30
主催者
株式会社セミナーインフォ
セミナータイトル
リスクアペタイトフレームワークの高度化とリスク管理の融合に向けた最新実務
講師名
神崎 有吾 氏(EY新日本有限責任監査法人 金融事業部 アソシエイトパートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
金融検査マニュアルの廃止や、マイナス金利や金利引き下げ競争を踏まえた経営環境の悪化を踏まえ、リスクアペタイトフレームワーク(RAF)を高度化しようとする金融機関が、今、急激に増加しています。2013年、金融安定化理事会からRAFの諸原則が公表され、先進行から、地方銀行まで、徐々にRAFを導入する銀行が増えていますが、本店のリスク管理部門や経営管理部門が主体となり、構築したRAFの仕組みについてが、フロントや営業の現場を活性化することができず、各社、悩んでいるところです。一方、これまでの失敗を踏まえ、どのような施策を取るべきかについて、チャレンジする金融機関が徐々に増えています。
RAFを文字通り、実効的なスキームとするためには、フロントや営業店を巻き込んだ上で、リスク管理のツールをうまく使いこなすことが必要となります。また、必要に応じて、AIやRPA等の新しい技術をうまく使いこなす必要があります。本セミナーでは、経営を変えるための収益管理・リスク管理の方法について、実務的な立場から解説を行う予定です。
▲ページトップへ
開催日
2019-04-23(火) 13:30~16:30
主催者
株式会社セミナーインフォ
セミナータイトル
各種金融機関がおさえておくべき事業承継M&Aのアドバイスポイント
講師名
龍野 滋幹 氏 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
多くのオーナー企業において黒字経営であったり有力技術を持っていたりするにもかかわらず後継者難が深刻になる中、大企業が地域の有力企業を取り込んでカバー地域・領域を一気に拡張したり、投資ファンドが経営のてこ入れや同種企業の統合によるシナジー後のエグジットを企図したりするなどして、事業承継をM&Aによって行う動きが加速してきています。このような流れを受けて、近年金融機関でも、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化しています。
もっとも、事業承継M&Aにおいては、当事者、アドバイザーともに、M&A一般に関する理解・ノウハウを十分に持つことに加え、当事者、案件の進め方、デュー・ディリジェンスにおける頻出注意点、M&A契約書の構成・内容等、特有のポイントが多く存在し、それらを理解して進めることが肝要です。そこで、本セミナーでは、地方都市を含め多くの事業承継を売主側、買主側双方でアドバイスしてきた講師がその実経験を踏まえて、事業承継M&Aにおいて真にポイントとなる事項について解説いたします。
特に近時事業承継M&Aに力を入れていらっしゃる東京都外の金融機関等の方々におかれましては、M&Aの体系的・立体的理解から事業承継M&Aの実務において真に問題となる特有の論点まで、事業承継M&A実務経験の豊富な大手法律事務所の弁護士による詳細な解説をオンラインでも聞くことのできる稀な機会ですので、奮ってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2019-04-23(火) 13:30~16:30
主催者
株式会社セミナーインフォ
セミナータイトル
【DOKODEMO】各種金融機関がおさえておくべき事業承継M&Aのアドバイスポイント
講師名
龍野 滋幹 氏 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
多くのオーナー企業において黒字経営であったり有力技術を持っていたりするにもかかわらず後継者難が深刻になる中、大企業が地域の有力企業を取り込んでカバー地域・領域を一気に拡張したり、投資ファンドが経営のてこ入れや同種企業の統合によるシナジー後のエグジットを企図したりするなどして、事業承継をM&Aによって行う動きが加速してきています。このような流れを受けて、近年金融機関でも、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化しています。
もっとも、事業承継M&Aにおいては、当事者、アドバイザーともに、M&A一般に関する理解・ノウハウを十分に持つことに加え、当事者、案件の進め方、デュー・ディリジェンスにおける頻出注意点、M&A契約書の構成・内容等、特有のポイントが多く存在し、それらを理解して進めることが肝要です。そこで、本セミナーでは、地方都市を含め多くの事業承継を売主側、買主側双方でアドバイスしてきた講師がその実経験を踏まえて、事業承継M&Aにおいて真にポイントとなる事項について解説いたします。
特に近時事業承継M&Aに力を入れていらっしゃる東京都外の金融機関等の方々におかれましては、M&Aの体系的・立体的理解から事業承継M&Aの実務において真に問題となる特有の論点まで、事業承継M&A実務経験の豊富な大手法律事務所の弁護士による詳細な解説をオンラインでも聞くことのできる稀な機会ですので、奮ってご参加ください。
▲ページトップへ
開催日
2019-04-23(火) 9:30~12:30
主催者
株式会社セミナーインフォ
セミナータイトル
【DOKODEMO】民法改正が保険実務に与える影響
講師名
末廣 裕亮 氏(森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
民法(債権法)改正法の完全施行日である2020年4月1日まで1年をきり、多くの金融機関や事業者が改正に対応するための準備を進めています。改正の範囲は多岐にわたり、定型約款、意思表示、消滅時効、保証、債権譲渡など、保険分野に影響が及ぶ項目も多く含まれています。
そこで本セミナーでは、保険会社や保険取引の実務に携わる事業者が押さえておくべき改正民法のポイントについて解説します。保険分野は、多様な業務や取引に関わるものであるため、保険会社に勤務経験のある講師とともに、関連する業務・取引類型別に、着目すべき改正事項と実務対応を説明します。
▲ページトップへ
開催日
2019-04-25(木) 13:30~16:30
主催者
株式会社セミナーインフォ
セミナータイトル
基礎から学ぶ 実践!プロジェクトファイナンス
講師名
島田 稔夫 氏 (べーカー&マッケンジー法律事務所 (外国法共同事業) パートナー 弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
プロジェクトファイナンスとは、特定の事業を対象として、原則として当該事業から生じるキャッシュフローのみを返済の原資とし、当該事業に関する資産に担保権を設定して行うファイナンスの手法であり、シンジケートローンやノンリコースローンの仕組みが利用されます。
国内では、従来、PFI事業等を対象にプロジェクトファイナンスが組成されてきましたが、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入以降は、太陽光発電事業等の再生可能エネルギー発電事業を対象とするプロジェクトファイナンス案件が増加しました。また、最近では、空港のコンセッション事業等でもプロジェクトファイナンスが活用されており、今後は、水道のコンセッション事業等がプロジェクトファイナンスの対象になることも期待されます。
本セミナーでは、国内の事業を対象とするプロジェクトファイナンスを念頭に置き、基本的な用語や概念、インフラ事業における対象事業や典型的なスキーム等の具体例を説明した上で、プロジェクトファイナンスに取り組む上で理解しておくべき重要な仕組み、契約等を基礎から分かり易く解説します。
▲ページトップへ

「法務・リスク管理」 過去のセミナー