金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : Alipay

Alipayに関するセミナー

開催日
2017-09-07(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
決済サービスの海外・国内事情と将来像
講師名
山本 正行 氏 (山本国際コンサルタンツ代表 関東学院大学経済学部講師)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
本講義では、前回(2017年1月27日開催)の同講義に続き、海外・国内を対比的に俯瞰し日本の2020年に向けた動向を探ります。2016~2017年にかけて海外ではあまり活発な動きは見られませんが、アメリカのアマゾンの試み、中国のAlipay、WeChat Payの躍進などは特徴的といえます。アマゾンは大手流通業の買収、ドローン配送などに加えてAmazon Goなどのトライアルを実施し話題となっています。中国で普及するAlipay、WeChat Payは爆発的に普及し日本をはじめ海外にも展開を始めています。また、アメリカではEMV化が一巡し、ようやくEMVカードの利用が始まりました。これまで利用が停滞していたApple Payも西海岸では一部で利用がみられるようになったとの報告もあります。国内は、2020年に向けてキャッシュレス環境を整備するという施策が発表されて久しい状態ですが、割賦販売法の改正を来年に控え、加盟店などにEMV対応、カード番号非保持などの具体的なセキュリティ対策が期限付きで求められるようになりました。また割賦販売法に先立ち改正された資金決済法では仮想通貨交換業が新たにその規制対象となりました。本講義は金融機関や小売などで決済サービスに従事する方のほか、ソリューションを提供するプロバイダの方などにも受講していただくことを意識し、決済サービスの状況と課題、今後の方向性を広範に扱う予定です。
▲ページトップへ
開催日
2016-04-26(火) 15:00~17:00
セミナータイトル
猛威振るう中国フィンテックの脅威 ~Alipay,WeChat Wallet~
講師名
小林 均(日本カードビジネス研究会 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
13.6億人を抱える中国。その規模は日本の10倍強、米国の4倍を超えます。名目GDPも世界第2位。中国経済の減速懸念はあるものの、今後も世界に大きなインパクトを与えることは確かでしょう。その中国で今、フィンテック分野が躍進しています。新興グループの一角は既存の銀行や証券をしのぐ利用者数を集めています。Eコマースの巨人、アリババグループ傘下のAlipay、多様なネットサービスで快進撃を続けるテンセントグループのWeChat Wallet。これらは既存プレイヤーにとって脅威となっています。
本講演では中国フィンテック市場動向をふまえ、AlipayやWeChat Walletの躍進ぶりと、そのパワーの秘密に迫ります。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-20(水) 15:00〜17:00
セミナータイトル
世界のモバイル送金・決済 最前線! −ミレニアルズを魅了するフィンテックとは?−
講師名
増渕 翔平(日本カードビジネス研究会 研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
「居酒屋の飲み代を割り勘しよう」
日本の個人間送金サービスの代名詞で必ず登場する割り勘支払い。たとえば海外では、グループで割り勘することを前提に、アプリで直感的にお金のやり取りができるサービスが既に流行しています。日本のフィンテックは資産管理や会計サービスが多いなか、欧米、アジアに目を向ければ、ミレニアルズ(若年層)を惹きつける斬新なモバイル送金・決済サービスが次々に登場しているのです。
今回は特にユーザーからの支持率が高い事例を多数取り入れ、スマートフォンのアプリ機能やビジネスモデル、ユニークなマーケティング事例に至るまで、さまざまな角度から世界のフィンテックを解剖します。ふるってご参加ください。
▲ページトップへ