金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : 契約書

契約書に関するセミナー

開催日
2017-04-18(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
契約書と契約用語の正しい読み方・使い方
講師名
本田 圭 弁護士(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
契約書が、適切かつ正しい理解のもとに明確に作成されていなかった場合、契約締結後に何らかの問題が生じてしまったときに泥沼の紛争になり得ます。また、当初想定していた当事者の利益が守られなくなってしまう可能性があります。このような事態が生じてしまうのは、当事者が、契約用語等の不正確な理解のもとに契約書を作成したために「落とし穴」にはまってしまうという場合が少なくありません。逆に、しっかりと作成されていた場合には、適切に問題に対処することができ、更なる交渉や裁判手続等を経ずに問題を解決することが可能となります。
本セミナーは、そのような「落とし穴」を回避するために気を付けるべき点を解説するとともに、後半では、具体的な設例も用いてケース・スタディも行い、実際にどのように契約書を作り込んでいくべきかについても解説します。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-27(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
契約書と契約用語の正しい読み方・使い方
講師名
本田 圭 弁護士(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
契約書が、適切かつ正しい理解のもとに明確に作成されていなかった場合、契約締結後に何らかの問題が生じてしまったときに泥沼の紛争になり得ます。また、当初想定していた当事者の利益が守られなくなってしまう可能性があります。このような事態が生じてしまうのは、当事者が、契約用語等の不正確な理解のもとに契約書を作成したために「落とし穴」にはまってしまうという場合が少なくありません。逆に、しっかりと作成されていた場合には、適切に問題に対処することができ、更なる交渉や裁判手続等を経ずに問題を解決することが可能となります。本来、契約書はそのような予防的な役割を果たすべきものですが、契約用語等について正確な理解を持たずに作成したために「落とし穴」の多い契約書も散見されるところです。本セミナーは、そのような「落とし穴」を回避するために気を付けるべき点を、基本的なところから応用的なところまで広く解説するものです。
▲ページトップへ
開催日
2011-02-08(火) 13:30~17:30
セミナータイトル
ケーススタディから学ぶ法務実務研修
講師名
近内京太(丸の内総合法律事務所)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
法務の第一線での活躍経験を持つ講師が企業法務の実務を解説します。契約書チェック、社内法律相談等、法務スキルアップのための実戦的な研修です。
▲ページトップへ
開催日
2010-05-13(木) 13:00~17:00
セミナータイトル
<全3回連続講座>基礎から学ぶ契約書の作り方・読み方~担当者に必須の実用知識を重点集中解説~
講師名
大庭 浩一郎 弁護士(丸の内総合法律事務所)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
契約書の管理業務(プランニング、起草、審査、交渉、締結、改訂等)に携わる実務担当者が身に付けておかなければならない法律上・実務上の基礎知識は、きわめて多岐に亘ります。
しかし、それらを短時間のうちに効率良く学ぶことのできる機会は、意外と少ないのが実情のようです。
そこで、多忙な実務担当者の皆様が、、契約書の管理業務の遂行に必須の基礎知識を、集中的に、また、過不足なく習得していただけるよう、掲記のとおり、全3回・計12時間の研修講座を開設いたします。
講義は、実用知識の習得を眼目とし、実際の業務に直結するポイントを重点的に解説するととともに、実務の裏付けとなる法理についても平易に説明を加え、担当者に求められるリーガルマインド(法的なものの考え方)の向上を目指します。
ご関心に応じ各回毎にお申し込みいただくこともできますが、この機会に契約書の作り方・読み方を総合的・横断的に学んでいただくために、全3回通してご聴講されることをお勧めいたします。
▲ページトップへ
開催日
2010-03-03(水) 13:30~17:30
セミナータイトル
ケーススタディから学ぶ法務実務研修
講師名
近内京太弁護士(丸の内総合法律事務所)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
(1)契約書審査の実務
契約とは?契約書とは?/どのような場合に契約書を作成すべきなのか?/契約審査においては、何をすればいいのか?/契約審査に必要な法律知識/頻出条項の基礎知識/契約審査の実践的スキル/契約審査の手順/実践演習

(2)法律相談の実務
法律相談のケーススタディ/掲載する広告の法令審査の依頼を受けたケース/下請法対応状況の調査を命じられたケース/業務委託を行う際の法令上の注意事項の確認を求められたケース/役員から自社株式を取得したいと相談を受けたケース/売掛金を回収したいケース/営業秘密を冒用されたケース/従業員が横領したケース/M&Aを実行するために複数の選択肢が考えられるケース/代表取締役を解任したいケース/株主提案を受けたケース
▲ページトップへ
開催日
2009-11-18(水) 13:00~17:00
セミナータイトル
基礎から学ぶ契約書の作り方・読み方~担当者に必須の実用知識を重点集中解説~<東京>
講師名
太田 大三 弁護士(丸の内総合総合法律事務所)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
 
▲ページトップへ
開催日
2009-10-27(火) 13:00~17:00
セミナータイトル
契約業務の実用知識<大阪>
講師名
堀江 泰夫 氏(新日鐵化学株式会社 総務・購買部法務グループマネジャー、東京司法書士会総合研修所企業法務研修室次長)
開催地
大阪市北区
ステータス
締め切り
概要
 
▲ページトップへ
開催日
2009-07-11(土) 13:00~17:00
セミナータイトル
契約書、ケーススタディから学ぶ法務実務研修~実践を通して法務の現場を知る~
講師名
近内 京太(弁護士 丸の内総合法律事務所)
開催地
東京都中央区京橋
ステータス
締め切り
概要
本研修は、一方的な講義形式ではなく、各種契約書の実践演習や法律相談のケーススタディを通して実践形式で企業法務の実務を学んでいただきます。
▲ページトップへ
開催日
2008-05-08(木) 13:00~17:00
セミナータイトル
基礎から学ぶ 契約書の作り方・読み方
講師名
大庭浩一郎 弁護士
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
契約書の作り方・読み方について、担当者に必須の実用知識を重点的に集中講義致します。
▲ページトップへ
開催日
2016-03-08(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
基礎から始める英文契約書の実務
講師名
山口 雄 弁護士 (山口国際総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
英文契約の実務能力は、一度修得すればビジネス人生で一生使えます。ただ、英文契約とはいわば英語・法律・英米法・国際ビジネスから成る大山脈なので、英語や日本法が分かるだけでは足りず、全てを自力踏破するのは困難です。そこで、本講座では、講師作成のオリジナル教材(2冊)を使用し、段階を追って講義を進めます。このうち、本講座で重点を置く初級段階では、類書の乏しい英文契約の基礎を、英文契約書という「異文化の発想」の理解を通じて身に付けます。その上で、今後のステップアップを見通して山麓を少し歩いてみる中級段階では、実務のチェックポイントを、個別条項に紐付けながら「弁護士の発想」の理解を通じて身に付けます。初心者や若手の方はもちろん、国際法務担当に最近異動された方や、部署内での指導上のヒントを得たい方まで、英文契約の山脈をまずは講師とご一緒に登り始めてみましょう。
▲ページトップへ
開催日
2010-07-14(水) 13:30~17:30
セミナータイトル
ケーススタディから学ぶ法務実務研修
講師名
弁護士 近内 京太(こんないきょうた)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
本研修は、一方的な講義形式ではなく、各種契約書の実践演習や法律相談のケーススタディを通して実践形式で企業法務の実務を学んでいただきます。

<前回参加者の声>
* 実務で対応するケースを想定しやすい内容のため、日々の業務に活かせる。
* レジュメが充実していたので、後で読み返すことができる。
* 講師の先生の話が分かりやすかった。
▲ページトップへ
開催日
2009-09-18(金) 13:30~17:30
セミナータイトル
契約書、ケーススタディから学ぶ法務実務研修~実践を通して法務の現場を知る~
講師名
近内京太(丸の内総合法律事務所)
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
本研修は、企業法務のアドバイザーとして活躍している弁護士による研修です。研修内容は、一方的な講義形式ではなく、各種契約書の実践演習や法律相談のケーススタディを通して実践形式で企業法務の実務を学んでいただくものであり、他にはない実践型の研修です。
▲ページトップへ
開催日
2009-05-13(水) 13:00~17:00
セミナータイトル
基礎から学ぶ契約書の作り方・読み方 ~担当者に必須の実用知識を重点集中解説 <東京>
講師名
大庭浩一郎 弁護士
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
契約書の基礎知識および留意事項について、担当者に必須の実用知識を、詳しくご説明致します。
▲ページトップへ
開催日
2009-04-13(月) 10:00~17:00
セミナータイトル
営業取引における取引基本契約書の作成と審査<東京>
講師名
宮島敏夫 氏
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
資材・購買・調達・下請など、営業取引における取引基本契約書の作成と審査についてご説明致します。
▲ページトップへ
開催日
2009-02-15(日) 13:00~17:00
セミナータイトル
思考・検索型の法務実務研修~実践を通して法務の現場を知る~
講師名
吉田昌矢(株式会社More-Selections取締役)
開催地
東京都渋谷区
ステータス
締め切り
概要
企業法務専門のコンサルティング会社のMore-Selectionsが提供する大好評のセミナーです。就職活動中の司法試験受験生、法務部に配属されたばかりの方のご参加をお待ちしています。
▲ページトップへ
開催日
2008-11-11(火) 13:00~17:00
セミナータイトル
<全3回連続講座>基礎から学ぶ契約書の作り方・読み方
講師名
太田大三 弁護士
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
契約書の作り方や読み方について、実用知識を解説致します。
▲ページトップへ
開催日
2008-10-24(金) 10:00~17:00
セミナータイトル
新任・新入担当者のための会社法務の基礎知識
講師名
太田大三 弁護士
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
会社制度に関する基礎知識や、会社における文書作成方法、株主総会、取締役会の正しい開き方、議事の進め方、決議方法、ラブル解決などについて、ご説明いたします。
▲ページトップへ
開催日
2008-10-23(木) 10:00~17:00
セミナータイトル
資材・購買・調達・下請―営業取引における取引基本契約書の作成と審査
講師名
宮島敏夫 氏
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
▲ページトップへ
開催日
2008-08-26(火) 10:00~17:00
セミナータイトル
営業部門のための取引基本契約書と個別契約の基礎知識 <大阪>
講師名
宮島敏夫 氏
開催地
大阪市北区
ステータス
締め切り
概要
▲ページトップへ
開催日
2008-08-20(水) 10:00~17:00
セミナータイトル
営業部門のための取引基本契約書と個別契約の基礎知識 <東京>
講師名
宮島敏夫 氏
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
▲ページトップへ
開催日
2008-04-11(金) 10:00 - 17:00
セミナータイトル
営業取引における取引基本契約書の作成と審査
講師名
宮島敏夫
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
取引基本契約書の作成や審査に関する実務を、ご説明致します。
▲ページトップへ
開催日
2016-11-01(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
民法改正を踏まえた契約実務のポイント
講師名
田路 至弘 弁護士(岩田合同法律事務所 執行パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
企業法務の基本は民法にあります。法務部での経験は長いのに、民法の基本的なことをよく理解していないという方は珍しくありません。それは民法の教科書が、総則、物権、債権という民法典の体系に沿って書かれているため、本を読んでもよくわからないことと、実際の企業活動はどんどん複雑化しており、当てはまる法律構成も複雑化せざるを得ないことにあります。
今回の講義では、まずは企業活動に適用する民法その他の法律を大局的に見て、法律問題を分析する手法を示します。その上で、企業活動に最も重要な道具である契約に的を絞って、先ずは各種の契約に共通した契約の性質やテクニックを説明するとともに、各種の契約に固有の注意すべき点、理解の難しい点をわかりやすく説明することによって、民法と契約について、しっかりと身につけて頂きます。なお民法改正法案についても、適宜、説明を加えていきます。
▲ページトップへ
開催日
2011-09-07(水) 13:00~17:00
セミナータイトル
契約業務の実用知識~書式(構造)等,契約書作成の実務スキルの習得を目指し,平易に解説~
講師名
堀江泰夫 新日鐵化学株式会社 総務部 法務グループマネージャー,司法書士・東京司法書士会総合研修所企業法務研修室次長
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
▼多くの事業会社では,契約業務(契約書の作成・審査)は,企業法務の担当者の日常業務のなかで,最も大きな比重を占める仕事です。

▼契約業務を行うに当たっては,関連する法律の理解(法律知識の習得)が前提となることはいうまでもありませんが,実際の案件・仕事をスムーズにこなしていくためには,多岐にわたる実務的・方法論的な技術(スキル)の取得も必須です。

▼そのような実用知識は,書籍やセミナーから得られる機会も限られており,OJTを通じて習得されるのが一般的であろうかと思われますが,自社内の先例を重視するあまり,ともすれば基本概念の認識が薄れ,応用がききにくい状況に至るという懸念も残りうるところです。

▼そこで,「基本に沿った」契約業務に必要な各種の実用知識を,担当者の皆様が短時間のうちに効率的に学んでいただくことができるよう,現役の企業法務担当者であり豊富な職歴・実務経験を有する堀江泰夫氏を講師に招聘し,掲題の講座を開設することといたします。

▼本講座では,あくまでも実用本位の立場から,豊富な実例を用いながら平易かつ写実的に講義を進めて参ります。関連部門の皆様の奮ってのご聴講をお待ちいたしております。
▲ページトップへ
開催日
2009-05-17(日) 13:00~19 :00
セミナータイトル
思考・検索型の法務実務研修 実践を通して法務の現場を知る
講師名
吉田昌矢(株式会社More-Selections取締役)
開催地
東京都渋谷区
ステータス
締め切り
概要
法務のケーススタディーを通して法務実務の基礎となる契約書審査、社内法律相談のスキルを身に付けて頂きます。
▲ページトップへ
開催日
2009-04-26(日) 13:00~19:00
セミナータイトル
思考・検索型の法務実務研修 実践を通して法務の現場を知る
講師名
吉田昌矢(株式会社More-Selections取締役)
開催地
東京都渋谷区
ステータス
締め切り
概要
ケーススタディーを通して法務実務の基礎となる契約書作成、社内法律相談のスキルをつけて頂きます。
▲ページトップへ
開催日
2009-03-14(土) 10:00~13:00
セミナータイトル
思考・検索型の法務実務研修 実践を通して法務の現場を知る
講師名
吉田昌矢(株式会社More-Selections取締役)
開催地
東京都渋谷区
ステータス
締め切り
概要
本セミナーを通して、「契約書作成業務」と「社内法律相談業務」に対応できるスキルを身に付けることができます。
▲ページトップへ
開催日
2008-12-08(月) 14:00~17:00
セミナータイトル
企業間取引実務から学ぶ民法の理論と実際 ~契約書作成、債権保全・回収等の必須知識<東京>
講師名
河野玄逸 弁護士
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
契約書作成、債権保全・回収等の実務についてご説明致します。
▲ページトップへ
開催日
2011-08-04(木) 10:00~17:00
セミナータイトル
一から学ぶ印紙税の実務
講師名
宮島敏夫
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
この講座は,購買・外注――営業取引に関する印紙税法上の一つひとつの用語の意義を正確に把握し,実際に使用している文書や契約書のどの文言や条文が,法のどの部分に該当するのかを的確に理解できるように,分かりにくい印紙税の実務を「一から」学ぶ講座です。
▲ページトップへ
開催日
2010-04-20(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
ケーススタディから学ぶM&A・法務デューデリジェンスの実務研修
講師名
折原 康貴 弁護士
開催地
東京都中央区
ステータス
締め切り
概要
本研修は、一方的な講義形式ではなく、M&A・法務デューデリジェンスのケースタディを通して実践形式で企業法務の実務を学んでいただきます。
▲ページトップへ
開催日
2009-05-21(木) 13:00~17:00
セミナータイトル
誰も教えてくれない! 『企業が本当に求める企業法務担当者』になる方法
講師名
三方愛(株式会社IntegrityConsulting代表取締役)
開催地
東京都渋谷区
ステータス
締め切り
概要
企業法務に必要な知識、ビジネス能力を理解し、「面接に受かるためにはどうすればいいの?」「企業法務って何をするの?」といった疑問を解消していただきます。企業法務の仕事、企業法務担当者に求められる能力を基礎から学ぶことができる“日本唯一”のセミナーです。
▲ページトップへ
開催日
2016-03-09(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
金融機関のためのシステム開発・運用委託契約の留意点
講師名
浅見 隆行 弁護士 (アサミ経営法律事務所 代表弁護士)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
システム開発遅延によるサービスリリースの遅れやバグの存在やシステム稼働停止、情報漏えいなど運用トラブル。いずれが一つでも発生すれば金融機関は顧客からの信頼を失うだけでなく、測定不能な損害を負います。損害を最小限に食い止めるには、ITベンダーと締結する開発・運用の委託契約書を、発注者である金融機関に有利な内容にする必要があります。そこで、ITベンダーとシステム開発・運用委託契約を締結する際に注意しなければならないポイントを解説します。
▲ページトップへ