金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : ヘルスケア

ヘルスケアに関するセミナー

開催日
2017-05-19(金) 10:00~12:30
セミナータイトル
NTTドコモにおける 医療・介護分野でのICT 活用事例と今後の取組み
講師名
有田 浩之 氏 (株式会社NTTドコモ 法人ビジネス本部 メディカルICT推進室長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
我が国では医療・介護制度改革が進められていますが、限られた資源を有効に活用するためには、病院経営の高度化に加え、医療サービスの機能強化とサービス提供の効率性の向上を同時に進めていく必要があります。
携帯電話事業者であるNTTドコモがどのように医療の世界に関わり、医療・介護サービスの向上に貢献していくのか、導入事例を含めた利用シーンと、今後の取り組みの方向性についてご紹介いたします。
▲ページトップへ
開催日
2016-07-22(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
日本における医療の未来とヘルスケア・ライフサイエンス業界の現状課題及び展望
講師名
根岸 彰一 氏(デロイトトーマツコンサルティング合同会社 ライフサイエンス&ヘルスケア 執行役員パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
社会情勢の変化や技術の進歩に伴い、大きく変貌を遂げようとしている医療業界。そしてそれを支え、リーディングポジションを狙うライフサイエンス企業が、現状において抱えている課題とその先に見ている未来の姿。多くのライフサイエンス企業はそれらを見据え、厳格化する行政当局による規制を遵守しながらも常に新しさを追求し、改革を実行し続けることが求められます。本講義ではデロイトグローバルの研究による2020年の予測「Healthcare and Life Sciences Predictions2020-A bold future?」を元に日本における現状を加味した上で、これからヘルスケア・ライフサイエンス業界へ参入を考えている方にも分かり易く解説します。
▲ページトップへ
開催日
2015-10-06(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
【大阪オンラインLiveセミナー】ヘルスケアビジネスのデューディリジェンス及び事業再編
講師名
妹尾 かを里 弁護士(TMI総合法律事務所 パートナー)
開催地
大阪市北区
ステータス
締め切り
概要
少子高齢化の流れを受けて、病院、介護施設及び製薬・医療機器事業等を中心とするヘルスケアビジネスにはさらなる注目が集まっています。今回は、ヘルスケアビジネスの中でも、特に医療機関及び介護事業者(有料老人ホーム設置事業者)に焦点をあてて、事業体の構造等を深く理解する目的で基本的な性質やガバナンスのあり方等について触れつつ、デューディリジェンス及び事業再編(M&A)を行う際のポイントについて、直近の実例等を交えながら、実践的な解説を行います。
また、第6次医療法改正の概要に加え、直近の第7次医療法改正の内容(地域医療連携推進法人制度の創設、医療法人制度の見直し等)についても解説します。

----------------------------------------
※大阪会場の注意事項
オンラインLiveセミナー開催中に音声及び映像のトラブルが万が一発生した場合は、次の通り対応をさせていただきますのでご了承ください。
(1)映像等が切断した場合、再接続してから講義を再開いたします。
(2)接続が回復できない等、再開が困難な場合はオンラインLiveセミナー不成立として参加費を返金させていただきます。
▲ページトップへ
開催日
2015-10-06(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
ヘルスケアビジネスのデューディリジェンス及び事業再編
講師名
妹尾 かを里 弁護士(TMI総合法律事務所 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
少子高齢化の流れを受けて、病院、介護施設及び製薬・医療機器事業等を中心とするヘルスケアビジネスにはさらなる注目が集まっています。今回は、ヘルスケアビジネスの中でも、特に医療機関及び介護事業者(有料老人ホーム設置事業者)に焦点をあてて、事業体の構造等を深く理解する目的で基本的な性質やガバナンスのあり方等について触れつつ、デューディリジェンス及び事業再編(M&A)を行う際のポイントについて、直近の実例等を交えながら、実践的な解説を行います。
また、第6次医療法改正の概要に加え、直近の第7次医療法改正の内容(地域医療連携推進法人制度の創設、医療法人制度の見直し等)についても解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-05-23(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
医療分野における改正個人情報保護法への対応ポイント
講師名
赤羽根 秀宜 弁護士(中外合同法律事務所 薬剤師)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
平成17年に個人情報保護法が施行されてから10年以上がたち、個人情報の取り扱いについて様々な問題が出てきたことなどから、平成27年9月に個人情報保護法の改正が成立しました。
本改正は、平成29年5月30日に施行されることが決定しており、その内容は、「個人情報の定義の明確化」「要配慮個人情報の新設」等があり、医療分野にとっても規制が強化されることとなるでしょう。情報の取り扱いについて、本改正に従った運用が求められるため、大きな影響があることが想定されます。医療分野では、情報を厳格に取り扱うことはもちろんですが、治療や研究等のために情報を適切に利用することも重要です。
そこで本講演では、この改正個人情報保護法も含めて医療分野における個人情報の取扱いのポイントを解説します。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-20(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
2030年のヘルスケア
講師名
山田 謙次 氏 (株式会社野村総合研究所 プリンシパル 消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部 ヘルスケア担当部長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
本講演では、「2030年のヘルスケア」というテーマで医療関連産業の近未来の見取り図を示す。標題の「2030年」は日本の高齢化がピークとなる2025年の先にある、パラダイムシフトが訪れる時期を象徴的に示した。
そのうえで、医療提供体制と中核産業である製薬業の将来像を大胆に描き、関連業界がどのような業態改革を行うべきかについて私見を述べる。
2030年のヘルスケアの世界では、医療情報の蓄積・活用、疾患メカニズムの解明と完治性の高い治療法の確立、患者のQOLを重視した治療プロセス構築が進む一方、使用される医薬品や医療機器は狭い適用と費用対効果の高いベストインクラスのみ、という時代が訪れる。
また、医療介護提供体制は現在の医療保険、介護保険は現在の保険原則は維持できなくなり、高度医療と地域包括ケアの2つの保険制度への統合・分立へと進み、そこで行われるケアも保険原則や支払方式も目的に応じて変化すると見込む。
医療関連産業はこのような環境変化を想定して、新しい時代に応じた業態変革が必要であることをお伝えするとともに、それでは何から始めるべきか、参加者の皆さんと議論したい。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-05(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
地域包括ケアシステム構築に向けたヘルスケアビジネスの展開
講師名
齊木 大 氏(株式会社日本総合研究所 創発戦略センター シニアマネジャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
地域包括ケアシステムの構築が進められる一方、公的サービスをこれまで以上に拡大することは難しく、自費サービスへの注目が集まっています。一方で、一口に高齢者といってもニーズは多様です。
そこで本セミナーでは、地域包括ケアシステム構築に向けた動向と高齢者のニーズの両面から出発し、自費サービスの事例も交えながら、ヘルスケアビジネス構築におけるポイントをご提案します。
▲ページトップへ
開催日
2014-12-08(月) 13:30~16:30
セミナータイトル
ヘルスケアビジネスのデューディリジェンス及び事業再編~直近及び今後の医療法改正動向等を踏まえて~
講師名
妹尾 かを里 弁護士(TMI総合法律事務所)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
少子高齢化の流れを受けて、病院、介護施設及び製薬・医療機器事業等を中心とするヘルスケアビジネスにはさらなる注目が集まっています。今回は、ヘルスケアビジネスの中でも、特に医療機関及び介護事業者(有料老人ホーム設置事業者)に焦点をあてて、事業体の構造等を深く理解する目的で基本的な性質やガバナンスのあり方等について触れつつ、デューディリジェンス及び事業再編(M&A)を行う際のポイントについて、直近の実例等を交えながら、実践的な解説を行います。
また、直近の第6次医療法改正の概要に加え、年内には取りまとめが行われるとされる「非営利ホールディングカンパニー型法人制度」の検討状況についても解説します。
▲ページトップへ
開催日
2017-07-11(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
ヘルスケア/ライフサイエンス業界における法的問題
講師名
山田 愛子 弁護士(ベーカー&マッケンジー法律事務所 外国法共同事業)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
成長産業のひとつとして注目を集めるヘルスケア/ライフサイエンス業界には、事業の多様性を求め他業界から新規参入を図る企業も増えているところ、同業界独自の規制についてどのように検討すればよいか分からず途方に暮れるという話をよく耳にします。そこで、本講義ではまず、ヘルスケア/ライフサイエンス業界特有の薬事関連規制の概要、そして発展著しいバイオテクノロジー産業に関し遺伝子・細胞取扱い規制の概要について説明します。そのうえで、ヘルスケア/ライフサイエンス業界で事業提携や事業譲受を行う際の契約上の主な留意点を類型ごとに説明します。
▲ページトップへ
開催日
2017-03-02(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
保険業界のビジネスモデル変化と先進事例
講師名
福島 渉 氏(デロイトトーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
テクノロジーの進化が保険業界に破壊的なイノベーションを起こすという論調があらわれて久しく、世界中の保険会社がテクノロジーを取り込み、新しいビジネスモデルを描こうと努力をしてします。インシュアランステックといわれるスタートアップ企業群もあらわれ、いくつもの新興ビジネスモデルもうまれている一方で、これらの新興ビジネスはニッチな領域にとどまり、グローバルリーダー達も未だ成功といえるビジネスモデルを描けず、暗中模索の状態でテクノロジーの進化と向き合っています。保険業界が他業界と比較して将来像を描きにくい背景には、業界外のテクノロジーの進化から受けるインパクトが大きいという要因があります。このような特性を踏まえ、自動車、医療・ヘルスケアといった主要な事業領域の業界内外の動向を考察し、保険業界に起こり得る将来シナリオを描き、日本の保険業界への示唆を提供します。
▲ページトップへ
開催日
2017-01-19(木) 9:30~12:30
セミナータイトル
医療分野におけるICTの更なる活用と先端技術の活用最前線
講師名
朝長 大 氏(株式会社NTTデータ経営研究所 ライフ・バリュー・クリエイションコンサルティングユニット マネージャー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
近年、少子化に伴う生産年齢人口の減少や高齢化の進展に伴う生活習慣病を主体とする慢性疾患の増加により、いずれの保険者も財政的に厳しい状況に置かれており、持続可能な社会保障制度の再構築、医療費の適正化等が求められており、その課題解決策の一方策として医療分野におけるICTの利活用が挙げられています。医療・介護・健康情報(以下、「医療情報」という。)をICT化し、効率的かつ効果的な医療の提供や蓄積された情報の利活用による新産業の創出や医療分野の研究開発の加速化等医療分野におけるICTの定着と更なる活用の広がりが期待されています。更に、ICTの利活用の方向性の一つとして、人工知能(AI)やIoTなど最先端技術の活用に期待が寄せられています。
本セミナー第一部では、医療分野におけるICT関連施策の動向と更なる活用に向けた期待と実現に向けた課題について実例を交えながら解説いたします。第二部においては、ICT利活用の具体例として、人工知能(AI)、IoTや高精細映像等、最先端技術の活用の最前線を、簡単な技術解説を交えながら、ご紹介いたします。
▲ページトップへ
開催日
2016-11-29(火) 9:30~12:30
セミナータイトル
2018年診療報酬・介護報酬ダブル改定を踏まえた在宅医療戦略
講師名
村上 典由 氏 (株式会社メディヴァコンサルタント 兼医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック事務長)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
現在、日本は急激な高齢化の進展と、社会保障費の増大を背景に、これまでの医療体制を大きく転換する必要に迫られています。病院は機能分化するとともに病床は削減され、医療の中心は病院から地域に移行します。
その受け皿として地域包括ケアシステムが構築され、その中心を担う在宅医療は近年急速に普及しています。
本講では、療養病院と同等以上の医療が提供されている現在の在宅医療の実際を紹介するとともに、近年、在宅医療が推進されている政策的背景、急拡大する在宅医療マーケットの特性を解説します。また、2018年の医療・介護のダブル改定を見据えた、今後の取るべき在宅医療戦略についてご提案します。
▲ページトップへ