金融セミナーの検索なら、金融セミナーのポータルサイト「セミナーサーチ」|コトラ

金融セミナー情報サイト セミナーサーチ

セミナー検索結果 : デジタルヘルス

デジタルヘルスに関するセミナー

開催日
2017-04-19(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
国内外の事例からみるデジタルヘルス分野における最新動向と今後の展望
講師名
遊間 和子 氏(株式会社国際社会経済研究所 情報社会研究部 主幹研究員)
開催地
東京都千代田区
ステータス
お申し込み可
概要
高齢化を背景に、年々増加する社会保障費は100兆円を超える状況にあり、ヘルスケア分野(健康・医療・介護)の改革は、わが国の成長にとって重要なポジションを占めている。地域包括ケアシステムが導入され、多様なステークホルダーが関与するヘルスケア分野での改革においては、ICTを活用するデジタルヘルスの役割が高まっている。本セミナーでは、アベノミクスの中でデジタルヘルスがどのように位置づけられているかといった背景を整理するとともに、欧州や日本での先進事例の紹介を通して、デジタルヘルス普及における展望と課題も明らかにしていく。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-01(水) 9:30~12:30
セミナータイトル
医療のデジタル化がもたらすヘルスケア産業の将来シナリオ
講師名
後藤 良平 氏( A.T.カーニー株式会社 プリンシパル)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
国民医療費の増加が続く中、従来の病院・薬剤ベースの治療を補完・代替する手段としてデジタルヘルスへの注目が高まっている。モバイル技術やセンシング技術のイノベーションが飛躍的に伸展する中、デジタルヘルスの実現形態や現在の医療制度に対するインパクトについても今後更なる多様化が進むと考えられる。本セミナーにおいては、将来の日本のヘルスケア産業の将来シナリオを基に、デジタルヘルスがもたらすイノベーションの意味合い、及びそれを新たな事業とするための戦略検討のポイント等につき、幅広くご紹介。単なる技術論やイノベーション論に留まらず、事業戦略策定の観点からデジタルヘルスの再解釈を行う。
▲ページトップへ
開催日
2017-02-21(火) 13:30~16:30
セミナータイトル
InsTechの動向とAIの利用
講師名
三部 裕幸 弁護士(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 パートナー)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
金融と技術を組み合わせたFinTechの波は、金融業界の一部である保険業界においても、InsTech(インステック。またはInsurTech(インシュアテック))という形で現れてきています。このInsTechのビジネスへの影響と課題、そして法制度上の留意点についてご解説いただきます。
また、自動走行やウェアラブル端末をはじめとするAIの開発・利活用に関する現状と法制度の変遷・検討状況と、AIに関するリスクについては、保険商品の組成に影響があるため注視が必要です。講師らには、総務省「AIネットワーク社会推進会議」の分科会の構成員として参加した議論を紹介いただき、AIに関するリスク評価と今後考慮する必要がある動きについてご解説いただきます。
▲ページトップへ
開催日
2016-10-21(金) 13:30~16:30
セミナータイトル
InsTechの戦略と法務
講師名
松田 克信 氏(グローバルアドバイザリーファーム ディレクター)
開催地
東京都千代田区
ステータス
締め切り
概要
FinTechの登場により、欧米を中心に金融サービスの革新が起こっていますが、金融と情報の集積という意味で連続線上にある保険業界においても同様の動向が見受けられます。これらは、FinTechとパラレルに、InsTech(インステック。またはInsurTech(インシュアテック))と呼ばれています。このInsTechのビジネスへの影響とその課題、そしてそれに関わる法制度上の留意点についてご解説いただきます。


第一部【InsTechの戦略 ~InsTechとは何か、そしてその課題~】
【松田 克信 氏】
第一部では、InsTechの定義とともに、現状の整理を行う。FinTechと比較すると聞きなじみの薄いInsTechではあるが、保険会社にとってもテクノロジーの進化は無視できない状況になっている。ただし、InsTechを単なるテクノロジーの活用ととらえると本質を見誤る。本セミナーの前半では、InsTechが保険会社の経営及び事業に与える影響、InsTechをBUZZワードにしないための保険会社にとっての課題について考える。

第二部【InsTechの法務 ~業法、個人情報からデジタルヘルス、自動走行まで~】
【落合 孝文 弁護士】【細田 浩史 弁護士】
第二部では、国内外におけるInsTechの事例を参考にしつつ、日本の保険業界における今後の取組及び法制度上の留意点・課題について考察する。最近の改正をも踏まえて、保険業法上の留意点について解説を行い、また、InsTechを行うに当たり注意すべきであると考えられる問題点についても検討する。
▲ページトップへ